君は僕の青春だった〜

わかったんじゃない 思い出したんだ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# あっという間にもう夏が来る
ご無沙汰の投稿。リハビリ。

3月中に転職活動を終えGWが終わった頃働き始めるという完全なる有言実行を成し遂げました。久しぶりにやればできると自分を褒め讃えました。

運良く雇っていただいた場で、右も左もわからないけど今度こそまともな社会人になろうと思います。世間でいう「社会」に出て早5年以上過ぎましたがようやくそういうものが芽生えてきた。新卒入社で意識高くできている人やそれよりも前に夢や目標に向かって勉学に励む人のことを心から尊敬します。でもまぁようやくスタート地点に立てたので許してほしい。

久々の大型春休みはお金がないので特に旅行に出たりということはなかったけれどよく寝てよく食べてよく飲んで非常に満足に過ごせました。思ったより映画を見たりはできなかったなぁ。とにかく寝た。寝ることはわたしにとって娯楽極楽快楽。

いくつかライブに行き、芝居を何本か見ました。

ビギナーズラックセクシーちゃんは大阪も大好きな横浜アリーナもばりくそいい席だった。アイドルの在り方、コンサートとは…っていう概念ぶち壊されるくらいに楽しかった。こんなにも、ただただ楽しくてキラキラしてる空間があるのか。積み重ねた苦しい想いとか、大切な思い出とか、そういうものない横浜アリーナがあった。若さが美しかった。これから、ここからが楽しみすぎるなぁ。どんな景色を見せてくれるのか、見せてあげられるのかっていう想いがお互いにあるって本気で思った。

あとは実に2年ぶりの旅。船がでかかったです。とにかく世界で一番好きだなと思った。各地の仲間が集まって、大酒飲んで、また地方で会おうねっていうこの感じが久しぶりだったな。
あとどのくらいこんなこと続けるんだって数年前まで思ってたけど、なんかもうずっとなんだろうなと感じ始めております。末永くよろしくお願いします&旅は始まったばかりです。今週末は久々の飛行機。

そして、舞台好きになって本当によかったです。また趣味が増えるのか…と己に呆れていたところ、趣味が増えるほど幸せだと言っていただいたのでわたしに今できることはしゃーなし労働してエンターテイメント業界にお金を使わせて頂くことだと再認識しました。

最初で最後のmuro式は観劇できたことは、とても嬉しいです。お芝居することがなによりも楽しい顔をした3人を見られてよかった。1回見た後どうしてもどうしてももう一度見に行きたくて衝動的に足を運んだ。

なんとも言えないタイミングで心苦しい部分はあったけど泥棒役者も観に行けました。30代半ばの丸山くんかっこよかったな。中川さんもかっこよく見えた。

そしてGW明けにナナマルサンバツ。ヨーロッパ勢が若者を引っ張るお芝居がとてもよかったです。
本公演サマータイムマシンブルースが本当に本当に本当に楽しみすぎて毎日頑張れます。楽しみのために頑張る感覚が数年ぶりに蘇った。


羅列になってしまったな。


エンタメの趣味が増えると自ずと自分の中で優先順位をつけていかなきゃならなくて心苦しい。

これから平日はしばらく動けないだろうし、本当に勝手だけどぎんなんぼーいずのツアーはしばらく待ってほしい…ドラマも映画も応援するので。


永遠って絶対にないし、当たり前もないし、絶対もない。
今歌ってくれてるからって舞台に立ってくれてるからって明日はどうかなんて誰にもわからない。
だからやっぱりわたしは後悔したくない。あぁあの時…って思うことは出来うる限り無くしたい。




某バンド10年ぶりの再開が界隈を賑わしていた。わたしは全く通ってなかったのでそのバンド自体について言えることはないけど、ずっと待ってた人や懐かしむ人それぞれが本当に幸せそうで嬉しそうで感謝しているのをリアルタイムで見た。
改めて、ずっとずっとずっとずっと止まらないで走り続けてくれている人に本当に感謝しなきゃいけないって思った。私たちのためだけじゃないことなんて百も承知だけど。

比べることではないけれど、10年休んで再開するより20年歌い続けてくれることはもっとずっと素晴らしくて感謝しなきゃいけない。ありがとうと愛を捧がなきゃなぁって。勝手に好きになって勝手に求めてしまうだけなのに12年もずぅっと幸せをありがとうございます。




まだまだ見たい映画とかいろいろあるんですが、早寝早起き生活が始まりまだ2週間なのでとりあえず今は日常を超えていこうと思います。


近況&記録でした。
| comments(0) | - | 18:47 | category: - |
# もうすぐ春ですね
書きたいことたーくさんあります


連日ライブに行ったこと
大好きな人への好きのエネルギーが無敵なこと
大森靖子の曲ばかり聴いていること
新たなジャンルに手を出し始めたこと
見た映画
仕事をやめたこと
これから



しばし時間があるのでそのうち記録に残します

とか言って結局書けてないことってあるね。京都の銀杏のライブとか。父親が死んだこととか。

もうすぐ30才ですよ
あの時わからなかった歌がどんどんリアルにしみてくる。こわいね。


暗い話にばかりやたら詳しくなったもんだーつって。


けれどわたしはやっぱり朝までカラオケに行きたいしライブに行き続けたいな


譲れることと譲れないことと
いろいろ考えていかなきゃいけないですね

とにかく金がねぇーーーー


まぁ元気にやっております
ここのところなかなか会わなくなった方元気ですか?



楽しい予定がすし詰めなのでやはりやるべきことはしっかりしないとね
| comments(0) | - | 01:22 | category: - |
# ずれてるほうがいい
タイトルはただ今聞いてる曲です



なんかねぇ
悩みがどんどん内面にえぐれてくる感じ。心動かすエンターテイメントをたくさん見たって聞いたって結局わたしには何が残るんだろうって思ったり。
だからって創り出す側になれるわけでもないし。なりたいほどのエネルギーもないし。

全部投げ出すほどの勇気もないし、なんなら投げ出すほど持ってるわけでもなく


別に元々夢なんかないしなぁ。何かになりたいなんて思ってこなかったからそりゃあ何者にもなれないよな



虚無、ってほどでもないけど、周りは着実に人生の階段登ってるんだよなぁ。いつまでも足踏みしてる感じ。足踏みってほどでもないなもはや。ボックス踏んでるかできもしないタップダンスしてゲラゲラ笑ってる感じ
いつまでも続けばいいと思ってたけどそんなこともないなー


ゆるいゆるい邦画が好きなんだけどその主人公みたい、と思うとちょっと日常うけるね。

何者にもなれなかったねわたしたち、なんて言いながら10代を共に最強と思い過ごした仲間たちと悲しく笑ってお酒飲みながら詳しくもない映画の話をしてヨーロッパ企画のメンバーなら誰がいい?同担拒否ね、なんて盛り上がったり。

それでもわたしたちは何者でもない。
朝まで歌って仕事を休んだところでまた平日はやってくるエンドロールはこないよ

映画だとエンドロールの向こう側の続きをいいように想像したりしてるけど、現実はなんも変哲がないね


適当に生きてるだけでもお金がかかるし。

別にネガテイブになったとかじゃないけどなんというかね。世知辛いね。


寒いから買った安いマフラーの繊維がお気に入りの服につきまくってなんだか残念だ。


好きな人が好きな音楽がわたしも好きなのは、光栄だし幸せだし運命だし必然。
| comments(0) | - | 17:40 | category: - |
# みぞれ雪
image1.jpeg
今宵は照れる気持ちを抑えていつもよりちょっとおしゃれをしたら。


2017.12.24一番幸せなクリスマスだった。
始まった瞬間から終わりの1秒までずっとずっと幸せ鳴り止まなかったー。懐かしい歌とか死ぬほど聞いてたのにライブではなかなか聞けなかった歌とか。

がむしゃらにツアー通ってた時の歌が一番ぐっときてしまった。あの頃見れなかった景色が、ずっとずっと追いかけ続けて、今見れてると思ったらグズグズ泣いてしまった。
dメロで大サビキー上がる前カポつけるところが大好きで大好きで、だから曲始まった瞬間にギターのヘッドにクリスマス仕様の初めて見る赤いカポタストついてただけでヒッて泣いた。あぁもう8年ほど経つんだね。色々あったなぁ。変わっていったり変わらなかったり。

最後の曲終わって、流れたジョンレノンの
So this is Xmas
の声、一生忘れないなー。さっすが愛と平和を歌う人だと思った。気持ちよすぎた。
ジョンレノンスーパーライブに何年か行ってた頃も、この曲聞くと一気に年末とクリスマスの気分が押し寄せてきてて、久しぶりに悠仁とこの歌を聴けたなぁなんて嬉しく思った。

今年も1年ありがとうございます。年が変わる直前まで歌ってる姿を見れるし、己に誓うように祈るように命果てるまで歌い続けることを叫んでくれて本当にありがとう。大好きです。



年内ライブ納め、ではなくて今年行けなかった銀杏サンボのリベンジがあるのでわたしはもういっちょ愛と平和を叫んできます。


| comments(0) | - | 17:32 | category: - |
# 約束
メモを残したままこのまま来年になりそうだ。


しれっと発売した三宅伸治さんのトリビュート。約束をずっとずっと聴いてる。



まじで嘘みたいな話なんだけど、パシフィコ終わりの月がとっっても綺麗でよく覚えてて、帰り道にiPodシャッフルにしてて、普段ぼーっと聴いてるんだけど
「月が照らす帰り道君のこと思い出して」
ってフレーズに感動しすぎて歌詞調べて何回も何回も聞いて、家帰ってもベランダでタバコ吸いながら聞いたりして。そんなことってほとんどないのに。
「約束はしないけどまたいつか会えるから」
って、絶対絶対絶対悠仁が歌ってるの聞きたい。って思ってて。でもRCの中でもそんなに目立った曲ではなさそうだしバラードベストにたまたま入っててたまたま流れてきて好きになっただけだし、まぁそんなミラクル起きることあるとも思ってなくて。

三宅さんのトリビュート参加ってのは少し前に出てて、曲目発表されて見た瞬間ほんっとにびっくりした。
信じられなくて、約束って曲他にないかとか調べたけど間違いなくわたしがついこないだ悠仁に歌ってほしいって思った曲だってわかった時ちょっと泣いた。やっぱりわたしが好きな音楽、必然的に悠仁が好きな歌なのかもしれないって思った。


無知をひけらかすわけではないけどRC全部網羅してるわけでもないから収録曲の半分以上あんまり聞いたことない歌だったしiPodに入ってるのも半分くらいだったし、その中でのミラクル。。
ずっと聞いてて大好きな歌でももちろん嬉しいに決まってるけどこんなタイムリーなの本当にすごい。運命。



ずっとたのしみにまってて、どんな声で歌うのかなぁとかどんなパート分けかなぁとかずっと考えてたけど期待をこんなにも越えてくるなんてずるい。 タワレコ試聴で、なんというか電撃走るくらいの衝撃うけた。ヘイホーレッツゴー並み。

大好きなピアニカの時点で涙出そうだったし、歌い出しの瞬間ほんっとにびっくりした。10年以上聞き続けてる悠仁の声なのに、悠仁の声じゃないかと思った。語弊があるとは思うんだけど悠仁が清志郎だった。あぁこの歌好きなんだろうな何回も何回も聞かないとこの声の出し方できないよなぁって。

こんなことがあるから好きなのやめられないよなぁ。10年経っても聞いたことない声出してくれるんだもん。好きでいてよかったなぁって何回思ったかわからないけどまたこころの底から思った。


悲しいことがあったけど、約束はいらないさまたきっと会えるから、会いたいなって歌ってくれてるから、だからわたしはずっとずっとずっと会いにいく。

三宅伸治さん、30周年おめでとうございます。ありがとうございます。この豪華メンバーの中にゆずも呼んでくれてありがとう。わたしがいうことじゃないけど。

フルメンバーで歌ってるJUMPも、歌詞カード見ただけでちょっと泣いた。斉藤和義と甲本ヒロトとゆずが同じ歌を歌ってる。大好きな歌。
音楽好きでよかったなぁ。なにも知らなくなくて、よかった。こんな幸せな思いできるなんてなぁ。

今のところ約束とJUMPしか聞けてないんだけど絶対に素晴らしいアルバム。愛と平和とロックが詰まってる。今年で一番買ってよかったCDです。



約束もしないけどまた今度会いたいね
ありがとう夢のような暖かいこの夜を



わたしはそんな夜を何回も何回も何回も何回も悠仁にもらってるよ。
| comments(0) | - | 15:03 | category: - |
# メモ
ベオウルフへの思いを書かなければと思ってる間に師走だし台湾も終わってしまった。

更新するぞという意思。
誰かのためではなくて人に見せてもいい文章を残る形で自分のために記録していきたいだけです

クリスマスイブまでにあの娘に告白できるかなあ
| comments(0) | - | 11:10 | category: - |
# おかえり
2年間なかった地元ライブ
考えてみたら10年で初めてだったな



やきもきしたり悲しくなったりずっとずっと最近満たされない満たされないって思ってて、もうそれでいいんだって開き直ってた


わたしはずっとずっと待ってたこと、「ただいま」の瞬間に気づいた


渾身のおかえりとともに、わたしも、ただいま。って思った。





無力イントロのピアノが泣いてた。感情よりも先に涙が出た。心が震えた。
いつもより小さい会場でいつもより遠くから見た。

「満たされない孤独の闇の中にそっと小さな光を照らしてくれたのはいつも君だった」
声殺して泣いた。あぁそうか。君だったなって。ゆずの歌を聴いて、わたしの歌だって思ったこと今まで本当になかったと思うけど間違いなくそう思った。

ちょっと前まで彼が歌う「君」に不毛な愛重ねて悲しくなったりもしたんだ。でもそうじゃなくて。わたしの君は、今歌ってる人だって、あぁわたしのために歌ってるって思った


「何万人いても常に一人一人の心に歌ってる」
って悠仁だけじゃなくて峯田もよく言ってて、なんて綺麗事なんだといつも思ってたんだけど、あぁこういうことか。目も合わない顔もちゃんと見えない距離で聴いてても号泣してる自分のために歌ってくれてるって本気で思えたんだ。幸せだった。



懐かしい歌に過去を思ったり、行けなかったライブのことを思ったり、全然関係ないことを考えたりした。いろんな場所で聞いた歌とか、10年ぶりに聞いた歌とか。


ツアー横浜に帰ってくるまで待つなんて何年振りかわからないけど、本当に待っててよかった。わたしにとって必要な時間だったし大切な日々だったよ。




3日間最大級の幸せもらって満たされなかった日々全部埋まった。



これからもずっとよろしくお願いします。20周年おめでとうございます。ありがとうございます。


そろそろ自分の生き方考えないとな、もうすぐ30才。
初めて聴いた頃には道だった飲み会帰りのタクシーの窓、3日間眺めちゃったりしましたね。

三日月じゃなくてきれいな半月だった。
| comments(0) | - | 17:20 | category: - |
# 無題
後やっぱり秋は苦手だ。どうしようもなく涙が出るタイミングが多すぎる。

河口湖〜武道館までの数日、なんだか心がグラグラに不安定でなにを聞いても涙が出て困った。
だからわたしは武道館のライブが始まった瞬間から涙がとまらなくなるんだろうなって思って心して参加したんだけど、そんなことなかった。幸せすぎてどうしようかと思った。あぁわたしはこんなライブに行きたかったんだ、峯田に会いたかったんだ、歌を歌いたかったんだって思った。


まぁ、そのあとはぼろぼろ泣いてたんだけどさ
僕たちは世界を変えられないで嗚咽出るくらい泣いてしまった。

きっと世界は君のもの
きっと世界は僕のもの
きっと忘れているだけ
もっと美しいこと

愛が邪魔してる
そんなもの食べてしまおう 愛しているのに
こんなにもそんなにも
| comments(0) | - | 17:07 | category: - |
# 無題
言葉にならない思いがずっと巡る。


河口湖のライブに行った。
10月とは思えない寒さの山奥の会場。

世界で一番好きな人の吐く息が白いことがとてもとても美しいと思った。世界遺産よりももっともっと。



銀杏BOYZの武道館が本当に本当に本当に本当に素晴らしかった。峯田和伸の夢の中に1万人がいた。その中にわたしもいたんだー。。


あぁなにを綴っても嘘みたいな言葉になる。

銀杏BOYZが美しかった。打ちのめされた。あの日世界で一番かっこよかったのは峯田和伸だった



初めて見たときなんて悲しい目で歌う人なんだろうって思ったんだけどずっとずっと幸せそうな顔をしていた。


2階席の後ろからわたしはいろんなことを思った。音楽を好きになった日、初めて武道館に入った日、いろんなところから見た景色、大好きな人、もう会えなくなってしまった人。

この景色を一生忘れられないと思った。 興奮と冷静が混在してた。銀杏BOYZとは関係ないこともたくさん考えた。

峯田は武道館が自分の部屋だと言った。わたしも、わたしの部屋かもしれないって思った。



爆音で響き渡る音楽にずっと塗れていたいと思った。おでこに叩きつけるマイクのゴツンっていう音がいつまでも胸に響いてればいいのに、この時間がずっとずっと永遠に続けばいいのにって3時間ずっと思ってた。どうか終わらないでくれって。


人生の分岐点みたいなライブだった。夢が叶う瞬間に立ち会えてよかった。





音楽がこんなに素晴らしいなんて知らなかった、と思ったと同時に、いや、知ってたんだ、忘れてしまったという事に気がついた。


こうやって心が震えた日、思い返せばたくさんある。

わかったんじゃない、おもいだしたんだ


銀杏BOYZに出会う人生でよかったです。

あなたは僕の始まりであなたは僕の終わり。


なにかが始まって何かが終わった。



後何回歌えるんだろうなと言いながら歌ったBABYBABYを、できることならもう一度も逃さずにききたい。

| comments(0) | - | 16:49 | category: - |
# 眠れない
夜を優しく包む恋のメロディー抱きしめて今夜だけこのままでいて。




音楽を好きになってよかった。本当によかった。12年前、あの日ラジカセの前で心が震えてよかった。11年前、日比谷野音のチケットがとれてよかった。忌野清志郎に会うことができてよかった。




彼が歌う人生を歩んでくれてよかった。歌うのをやめないでいてくれてよかった。

わたしに音楽の素晴らしさを教えてくれてありがとう。ロックの素晴らしさを教えてくれてありがとう。夜行バスに、新幹線に、飛行機に乗る勇気をくれてありがとう。




「いくつもの分岐点に立ち、選んだ先に今の僕がいる。もう何度目の旅だろう。想いをメロディーに乗せ、沢山の笑顔に出出逢う旅。もしこの道を選んでいなければ君にも出逢えなかったんだね。だからありがとう。心を込めてありがとう。この道を選んでよかった。」



8年前の大好きな言葉にいつもハッとさせられる。


| comments(0) | - | 01:03 | category: - |
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links